飯坂けんか祭り 八幡神社例大祭

DSCF0079

飯坂けんか祭りは、日本3大けんか祭りとして、”大阪・岸和田の地車祭り”、”秋田・角館の飾山ばやし”とともにその名をはせています。

五穀豊穣を願うお祭りですが、街中を巡幸してきた、御神輿の宮入(ご本尊が神社本殿に戻ること)を阻もうと屋台同士がぶつかり合ったのがはじまりとされています。その勇壮なけんか祭りを事前の準備から本番(宮入り)までを写真でつづっていきます。

八幡神社、ここでけんか祭り(宮入)が行われます。

本殿の中には様々な由縁がつづられたものが・・・

私の町内である上町の祭典事務所です。お祭りの裏方である世話人がここに約1週間つめています。

本番前、神社には露天が並び始めます。

屋台には2種類あり、昼間は
曳屋台というタイヤつきの山車が6台で街を回ります。

太鼓の音が鳴り始めると祭りが近づいてきます。

本祭り当日。御神輿が街中を巡ります。
途中途中でお払いをしながら10kぐらい廻るでしょうか

一本歯の下駄をはいた、天狗さんもいます。

午後7時砲声とともに御神輿を先頭に各屋台が出発します。
威勢のいい掛け声と共にかつぎ屋台が街中を練り歩きます。

午後8時過ぎ。かつぎ屋台が境内に入ってきます。それぞれの屋台がぶつかり合いをはじめます。

上町(うわまち)と梍花(さいはな)とのぶつかりあいです。
エキサイトしすぎるとこんな事もよく起こります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>